マッサージ・リラクゼーションの種類

指圧

手や指を使って全身にあるツボを刺激することで、

人間の体に備わっている自然治癒力を高め、

不調を改善していく指圧。

この手技は日本で明治から大正時代にかけて

成立したもので、現代の指圧療法の原型は、

大正9年頃に浪越徳治郎によって確立された

といわれています。

「指圧の心は母心。押せば命の泉湧く」とは、

指圧について語った浪越氏の言葉。

指圧から派生したジャンルとして禅指圧、

タオ指圧、ツボ指圧などがあり、現在指圧は

英語名でもそのままSHIATSUと訳され、

日本独特の手技療法として世界中に普及しつつあります。

現在、指圧にはさまざまな流派がありますが、

元々は伝統的な東洋医学の手技である抑按調摩に、

柔道の活法等の要素を加えて独自の発展を

遂げたものとされています。

その名の通り「手や指で圧す」という手技のみで

構成されるシンプルな治療法ですが、

施術を受ける側の体質や体力等に合わせ、

強さや回数、角度、回数を調節することで、

さまざまな症状に対応させることが可能です。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事